VDT症候群

VDT症候群(Visual Display Terminal Syndrome)とはパソコン、携帯などのディスクプレイを使った長時間作業による、目・体・精神に影響のでる症状です。
別名はIT眼症とも呼ばれています。現代人はスマートフォンやデスクワークなどのパソコン作業していて腰や肩コリ、首痛、片頭痛といった症状をお持ちの方はお非常に多いと思います。
当院でもそのような症状で来院される方が多いです。デスクワークをしていての肩こりや腰痛、首の痛みや偏頭痛、そのような症状を訴える状態をVDT症候群といいます。

症状

 ・目の疲れ・痛み・霞み・物がぼやけて見える・視力低下・ドライアイ

 ・肩コリ・首~肩、腕の痛み

 ・倦怠感・眩暈・吐き気などの症状

 ・慢性期になっていくと背部の痛み・手指の痺れなど…

このような色々な症状がでできます。

イライラする・不安感がでてくる・躁うつ状態になることもあるようです。

 

セルフケアについて

ご自身でできるケアとしては、目を休ませてあげることが効果的です。
ゆっくり湯船に入ったり、しっかり睡眠をとってください。

VDT症候群 戸塚

南戸塚整骨院のVDT症候群治療について

当院では固まってしまった肩や首周りの筋肉をほぐし、体の歪みを調整することを行っております。
筋肉の緊張をとってあげたり・肩を回すなどのストレッチをして体の血流をよくしていくことで改善させてまいります。
VDT症候群のようなツラい症状もしっかりケアーを行うことで予防・改善が可能です。

交通事故治療のマッサージ交通事故治療の骨盤調整

デスクワークから起こるツラい症状のケアは当院にお任せ下さい。

関連記事

  1. 頭痛

  2. 捻挫

  3. ストレートネック

  4. ぎっくり腰について

  5. テニス肘

  6. 腱鞘炎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。