椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアの原因は、脊椎と脊椎の間に、クッションの役割を果たしている椎間板というものがあります。
椎間板は中心に髄核、とその髄核を囲む繊維輪からなります。
ヘルニアは繊維輪が傷ついたり、椎間板に過度な力が加わることで、髄核が後(脊髄側)に飛び出ることで起きるとされています。
髄核により圧迫を受ける部分が、脊髄や脊髄根となります。
どこを圧迫するかで症状が異なってきます。

関連記事

  1. VDT症候群

  2. ぎっくり腰について

  3. 坐骨神経痛

  4. ぎっくり腰(急性腰痛)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。