ブログ

変形性膝関節症

膝は、「大腿骨(太ももの骨。体のなかで最も太くて長い)」と、その下の「脛骨(脛の骨)」を連結する関節です。
立ったり座ったりといった、日常動作でよく動かす膝の関節は、非常に複雑な構造をしています。
大腿骨と脛骨は、主に4本の靭帯でつながり、その正面を、俗に〝膝のお皿″と呼ばれている「膝蓋骨」が覆っています。
関節の部分では、骨と骨が直接ぶつかることはありません。
大腿骨と脛骨が向き合う部分は、関節軟骨という弾力性のある組織で覆われていて、骨と骨の摩擦を少なくしています。
さらに関節軟骨と関節軟骨の間に、「半月板」という組織があります。
この半月板は、骨の先端を覆う関節軟骨とは少し組成の異なる軟骨です。
半月板も、膝への衝撃を吸収するクッションの役を果たしています。
「変形性膝関節症」は、長い間膝関節を使った結果、大腿骨や脛骨の関節軟骨がすり減り、痛みなどの症状が現れる病気です。
人によっては、関節軟骨だけでなく、半月板も損傷することがあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る