テニス肘

この疾患名は通称で、正しい名称は「上腕骨外側上顆炎」といいます。
肘が痛くなって、診察に来られる患者さんの多くはこの「上腕骨外側上顆炎」の方が多いのです。
「テニス肘」という名称の印象が強いですが、実のところ、テニスをやっていらっしゃる方だけでなく、手を使う軽作業をなさる方や、パソコン操作をなさる方々にもよくみられる疾患です。
これは肘の外側にある、骨の隆起部分についている筋肉の使い過ぎによる炎症であると考えられています。
上腕骨外側上顆炎の症状は、物を持ち上げる瞬間に肘が痛くなるとか、
物をねじる瞬間に肘が痛くなるとかなどの症状が見られます。
上の絵にあるように、タオル絞りなどの動作を行うことで肘が痛くなったり、テニスをするときにラケットをバックハンドでにぎってボールを打った瞬間に肘が痛くなったりします。ですが、安静時には痛みは出てきません。

関連記事

  1. 手首の捻挫について

  2. 捻挫

  3. 東京マラソン初出場の膝の治療エピソード

  4. 腱鞘炎

  5. VDT症候群

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。