ぎっくり腰(急性腰痛)

ぎっくり腰とは、何かのきっかけで急激に発症した腰痛のことです。

医学的な診断名は、急性腰痛と言います。
急激な動作の際に、背骨に歪みが発生し支える筋肉に強い負担と緊張が走り、炎症が起こります。

背骨が歪んだままなので筋肉に常に負担と緊張があるため、身体を動かすと強い痛みを感じます。
そのような状態でも背骨の歪みを矯正することで、筋肉にかかる負担がなくなり、早期の回復につながります。

矯正後から動けることは珍しくありません。

3回程度の治療で楽に動けるようになります。

関連記事

  1. VDT症候群

  2. 坐骨神経痛

  3. ぎっくり腰について

  4. 椎間板ヘルニア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。